2007年6月11日 (月)

そして、バンコクへ

朝、11時にはホテルをチェックアウト。昨日知り合った、、、いや、違いますね。ここはタイなので、昨日友達になった日本人ともここでお別れ。ラオスを目指し、ベトナムに行く予定とか。
こういった出会いも、一人旅ならではですね。

11時50分に出るバスがあるので、それを予約しに。
200706105_1 が、一杯です。次のバスになります。」
って言われた、、、、、。
おいおい、そりゃね~よ、、、、。
昨日さ、こうゆうことも想定してね、自分は
明日のチケット予約したい!!」

って言ったんですよ。そしたら、
明日、予約してください。今日は出来ません。
そんなわけね~だろう、って思ったが、買えないんだからしょうがない。だから、今、予約しに来たのに~~。

結局、1時間半待ちになってしまった。
しょうがないので、昨日行ったネットカフェで自分のブログに
書き込みをしてました。

スリンからバンコクまでは約6時間半。途中「コラート」で休暇がありますね。タイに留学に来て、まず最初に訪問したのが「コラート」。
今から、半年以上も前になるんですね。時間の流れは早いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月10日 (日)

スリンの夜は熱いよ!コヨーテパブ有り その他有り

ブリーラムに行こうか、スリンに行こうか、、。非常に悩んだ。
「地球の歩き方」に記載されていない「ブリーラム」に興味を引かれたが空港がある都市はそんなに面白くないだろうと思いスリン訪問を決定した自分です。

言わずと知れた、「象で有名な町ですよね。
200706101 いたるところにってわけではないが、そんな感じは受けるよね。
街の規模雰囲気、俺は好きだね~~。

だけどね、スリンに到着後、昨日に引き続き物凄い頭痛に襲われたホテルにチェックイン後、受付のお姉ちゃんに薬をもらい、1時間程、横になった。

うんすっかり元気になったね。普段薬を飲まない人間ですから、効き目も早いのかね。

体調も万全。スリンの街を歩きましょう。
200706104 そんなに大きくない街です。調度いいですよ~、散歩するには。ここにも当然、市民の憩いの場所みたいな所があります。
カップル率は、今回訪問した街では一番かな。
微笑ましい光景ですね。

それからネットをやりにバスターミナルに戻った。
ここで、何と!日本人に出会いました。
更に!この方の友人が、スリン高校と中学校の日本語と英語の教師をしていると何と面白い話でしょう
今宵の夜は、一緒に行動することになりました。

まずは一緒に飯を食べに。
合計4人です。その教師の友達の日本人女性もたまたまスリンに遊びに来ていて、まあ、とんでもない偶然ですね。

これだけの人数ですよ。ちょっと変わった所に行きますよね。
そうですコヨーテパブです。スリン1軒しかありません。
200706102 詳しく、書いておいた方がいいですかね~~。
場所は、トン・タリンホテルの前の道沿いにあります。
パブ・ディスコが多い所ですね
店の看板にコヨーテパブって書いてありますので、行けば解ります。

スリンのコヨーテパブに潜入ですよ
200706103 おお~~、まあ、いいんじゃないの。
ビール、、安いね~~~。ハイネケン大瓶で100バーツって、、。大満足ですよ。だけど、お姉ちゃんの質は、まあ、普通だね。
でもね、ゴーゴーレディーとは違うね。エロイっていうか、セクシーって言うか。多分だが、お金使っても持って帰れないので、それが良いんじゃないかな。う~ん、説明は難しい。
1人でも入れる雰囲気なので、スリンに行く方は是非どうぞ!!

それから、次に向かったのはディスコ!
SPEED3
というディスコです。
雰囲気としては、「ダンスフィーバー」みたいな感じかな。楽しいですよ、ここも。だけど、1人ではちょっと入りづらいかな。ビールの小瓶の値段が70バーツだったかな。大瓶は無いです。
まあ、さすが!イサーン人だね。曜日関係なく盛り上がってんじゃないの、ここ。

さすがに遅い時間にもなったので、ここで別々に行動することに。
我々男2人が向かった所は、
「スリンのカラオケクラブ
まあ、なかなか良いお姉ちゃんがいましたよ。
自分は入るつもりは無かったのだが、もう一人の方がですね~、
ちょっと興味があるらしく。〔タイは初めてなんです〕
1時間女の子つけて、190バーツ。ビールも大瓶が100バーツ。
まあ、安いと思います。カラオケも歌い放題だしね。ただし、当然、タイソングのみですが。自分は「ブアチョンプーと001」を熱唱した。
当然、カラオケなんで、その後も付いてきます。
気になるお値段は、1000バーツ〔3時間〕それから、お店にもお金払います。これが高いんだ。670バーツって、、、。これは、ボッタクリの値段になるのかなどうだろう
合計するとね~、いい値段だよ。
タイに長く住んでいる?私ですから、こんな値段を払うと思いますか?当然、払いませんよ、私はね、、、、。

探せば、もっとおもしろスポットが見つかりそうな、
象の街 スリン
象の祭りは1年に1回だが、夜のお祭りは、年中無休でもっとありそう。
そして、充実もしていそうな、そんな雰囲気だね。

スリンの夜は、奥が深そうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)