2007年6月 8日 (金)

ウドンターニー~ゴーゴーバーも良いけど、、、、~

ゲストハウスをチェックアウト、バイクを返し、バスターミナルへ!!
200706081 ちょっと時間もあったので、適当に市場をぐるぐるしながら、ウドンターニー行きのバスに乗り込んだ。

ここで1つ気になっていることがあった。

無事にタイに入国できるか?」

最近、入国に関して厳しくはなっているとは聞いていた。
特に自分の場合、日本行きのチケット持ってないんですよ。予約はしてあるが、まだ発券していない。
この状況でノンビザで入国できるのか

少し不安だったが、逆に入国拒否されたら面白いな~~、
って思っていたので、どちらでも問題なかったんだけどね。

結果は、何にも問題なし!
ノンビザに変わるけど大丈夫?みたいなことは言われた。
たったそれだけ。
厳しくなってるのかね? ちょっと解らないね。
まあ、1泊2日だったけど、200706082

ありがとう!ラオス!ありがとう!ビエンチャン!

コープ ジャイ〔←ラオス語でありがとう〕

バスで走ること約2時間、憧れのウドンターニーに到着。
想像以上にデカイ街だね。それに発展してるよ、ここ。
ちょっと、ショック、、、。
イサーンに来た!!って感じしないね、、、。
200706083 まあ、20万人超える都市だからね。普通に考えればそうだよね。空港だってあるわけだし。街に到着しての感動はなし。
←ちょっと面白いバスでしょ。左ハンドルの左乗車口

そんなことより、ホテル探し。
恒例の350バーツ以下のホテルです。
200706084 案内されたのはパラダイスホテル
ここは凄い良かった!部屋は広いし、
冷蔵庫付きのバスタブ付き。さらにテレビもでかい!
更に、日本のプロレスが見れた。
バスターミナルから歩いて10分はかかりません。

ちょっと休憩後、ウドンの街を散策。
これといって見るべき物っていうのはないかな。
200706086 ふらふらしながら、たどり着いたのが、
ここ。公園です。
ジョギングしているタイ人の姿があり、カップルでくつろいでいるタイ人もいて、まあ、のどかでした。

気が付いたらもう夕方ですよ。おなかも減った。
イサーンといえば、イサーン料理ですよ。まあ、バンコクでも普通
に食べられるんだけどね。その土地の空気を吸いながら、その土地
での料理を食べる。これが1番おいしいよ。

お腹一杯になった自分は、夜に備えホテルで小休止をとった。

楽しみにしていたウドンターニーゴーゴーバーです。
200706085 時間は夜10時過ぎ。まあ、いい時間だろう。
胸の高鳴りを抑え、いざ!入店!!

うん?暗すぎなんですけど、、、。
それにでかいね~~。天井も高いわ~~。
ちなみに、どのくらいの暗さかっていうと、
チェンマイの「スターシックス」って言うゴーゴーよりも気持ち明るいくらいに、凄い暗い。解る人は解ると思います。

まあ、楽しいね!ダンスにやる気を少し感じるよ。
どっかの大手グループ1,2,3,4,よりかは、俺は楽しい。
でも、ビール90バーツは高いね。
そう感じながらも、ビールを2本飲んでしまう俺。

さすがにここで3本目はちょっと、、、、。
軽く飲めるところを探しに、ロビンソンデパートのある通りへと
繰り出した。ここには小さいディスコ、パブが何軒かある
200706088 そのうちの1軒に目が留まった。
〔オッ!コヨーテがいる。それに、一人で来ているファランも〕
これだったら一人でも入りやすいじゃん。

とりあえずビールを注文。
しばらくして、自分の隣にコヨーテがやってきた。呼んでもいないに、、。まあ、いいか、、。そこそこ可愛かったな?まあ、暇だし適当に話をしていた。話も良い感じに盛り上がったので、自分自ら
「ビール飲む?」
って言って、ビールをご馳走。それからも30分ぐらい話したかな?

そしたらですね~~コヨーテがですね言うんですよ
「電話、持ってます?電話番号教えてください。」
ちょっと考えるフリだけして、教えちゃいました。
まあ、でもね、微妙だよね、、、、。仕事中だからね。
それに次の日は、ウドンターニー出るし。
自分から女の子の電話番号を聞くことなくお店を出た。

まあ、コヨーテから電話番号を聞かれるそれもウドン
マネ仕様にもできないでしょ!けっこうな離れ業をかます俺

こんな貴重な経験もありでしょう。まあ、面白いよね、ウドンの夜は。

| | コメント (0) | トラックバック (0)